「女性歓迎」はあり?求人広告で気を付けておくべきこと

社会保険労務士の

山岸玲子です(^O^)/

 

職業柄なのか、

求人広告を目にすると、

どんな条件で募集しているかチェックしてしまいます。

 

求人を出すときにも

守らなければいけないルールがあるんです。

 

媒体を通しての求人は

内容をチェックしてくださる方もいるようで

安心なのですが、

店に貼り紙している求人などでは

稀に法律違反もみられます。

求人広告

求人を出すときには、

年齢による制限や、

男女による差別をしてはいけません。

 

例えば・・・

「50歳まで」とか、

「女性歓迎」は、NGです。

 

これは募集・採用において、

平等なチャンスを与えるように

法律で決められているからです。

 

「主婦のパート募集」も

女性限定になってしまうのでアウトです。

“主夫・主婦”としなければダメですね。

 

「30代活躍中」とか「女性活躍中」とか

書いてある求人広告を目にすることもありますが、

微妙なグレーゾーンですよね。

 

「職場の現状を説明しているだけ」という解釈もでき、

すぐに法律違反とはならないかもしれませんが、

 

年齢制限・性別限定だと求職側が受け取らないように

注意する必要があるでしょう。

 

但し、

男女異なる扱いをすることが合理的な場合、

男女間に生じている格差を解消することを目的とした場合、

他の法令等で年齢を限定して募集することが認められている場合、

など、

例外的に性別・年齢を制限しての求人が可能なケースもあります。

 

求人の際に信用を失わないようにお気を付けください。