会社法人は『広告』の方法を最初に決めないといけない?!

『こうこく』の方法を先に決めるの~><

 

 

女性の起業・運営のサポーター♢
woman’s起業デザインの山室奈美です

 

 

ホームページやブログにしようかな?
雑誌や折り込み広告かな~?

ビルに看板??

それとも・・・電車のつり広告??

 

 

いえいえその『広告』ではないんです~

 

 

会社を設立するときに決めることの1つ

『こうこく』の方法

 

 

でも・・実は『広告』ではなく

同じ『こうこく』でも漢字はこっち

 

『公告』

 

おおやけにつげるって書きます

 

 

 

この公告とは冒頭のみなさんがよく知っている『広告』とは

ちょっと違います

 

 

これは簡単に言うと

会社や法人が株主や債権者など影響を与えそうな人に

その内容をお知らせすることです

 

なんでも公告するということではなく

公告しなければならないことは法律で決まっています(^_^)b

 

 

 

例えば・・・

 

・決算の内容

・合併して会社がなくなるとき   など

 

 

です(*^-^*)

 

 

みなさんが身近に関係してくるのは決算の公告くらいですかね~

 

 

公告の方法は大きく3つに分かれます

 

・官報 (国が発行する新聞みたいなものです)
・日刊新聞紙(日本経済新聞、地方の新聞など)
・電子公告(インターネットのホームページなど)

 

わたしが携わってきた株式会社さんなどは

『官報』が圧倒的に多いです!!

 

 

まぁわたしが勧めてるからだと思いますが・・(^^;)

なにせ費用が抑えられますので。

 

 

日経新聞に公告なんて大企業みたいでカッコイイですが

わずか数行で3~40万!!!

100万円単位なんていう金額も普通だったり・・^^;

 

無駄遣い禁止♡

 

 

一見、インターネットなどが安いし手軽でいいかな~なんて思いますが

 

実は公告が必要な場面になると電子公告調査機関

というところでの調査が必要となることがあり

この費用がなかなかだったりします・・・

 

それにホームページはたくさんの方が気軽に見られるので

そこに会社の重要な内容を掲載し続けなければならない

 

ということも把握しておかなければなりませんね(^_-)-☆

 

 

あなたはどの方法がお好みですか(^ω^人)

 

************************

もしこの記事を よかったわ~♪ と思ってくださったら
『いいね』をポチリっ☆していただけると嬉しいです(*^-^*)


kako-W88kFQoEpN7xUiT3

     Presented by 事務所ロゴ全体

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA