監査役の仕事ってなにがある?

そもそも監査役ってなにする人か知っていますか(o^^o)

 

 

女性の起業・運営のサポーター♢
woman’s起業デザインの山室奈美です

 

会社法人をつくる際に役員を必ず置かなければいけません

人がいないと動きませんからね(^^;)

 

株式会社でいう監査役、一般社団法人やNPO法人の監事。

名称は違いますが役割はほぼ同じようなことをしています

 

取締役と理事という感じですね^^

 

 

今回は株式会社の監査役にスポットをあてましょ♪

 

 

監査役ってどんなことをする人なのでしょうか?

 

 

会社を監視している人っていうイメージですかね

だいたいそんな感じです(^_^)

 

公開会社と呼ばれる株式を誰でも取得できるようになっている会社

譲渡制限会社と呼ばれる株式の所有者を動かすときに条件をつけている会社

基本的に監査役の役割が違います(^_^)b

 

(正確にいうと条件をつけたりすることができるのですが

詳しく知りたい方は別の機会に♪)

 

 

 

実は5月1日からちょっと法律改正の施行が始まるので

スポットを当ててみました(*´艸`)

 

 

 

小規模の譲渡制限会社さんの監査役の権限は

なにもしなければ

会計監査権限のみ』いわゆる会計に関することだけでした

 

もっと広い範囲の権限だと

業務監査権限』を持たせることもできます(*^-^*)

これは取締役の日常業務や取締役会に出席してちゃんとやってるかチェックするということです

 

家族でやっているような小さな会社の監査役に

会社の運営や事業の責任を負わせるのはちょっと酷よね><

 

ということですね(o^^o)

 

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

 

もちろん

 

・会社の信用度を高めたい

・第3者的立場から意見を言ってもらいたい    など

 

の理由で『業務監査』までお願いすることはできますよ^^

 

 

簡単にいえばこんな感じだったのですが

 

 

5月1日から変わることの1つに

 

『会計監査権限のみ』の監査役については

定款にこの記載をして、さらに登記が必要ってことなんです!!

 

 

これから設立する方は登記すればいいだけですが

 

すでにある会社については

定款にこの記載がなければ変更をして、さらに登記をする

という手続が必要なので記事にしてみました(〃▽〃)

 

 

ちょっと難しい話になっちゃいましたね(≧∀≦)

 

 

 

ここまで話しておいてなんですが

新しく設立するときに監査役を置く株式会社は

う~ん・・そんなに多くはないと思います(^^;)

 

 

ちなみに監査役と似た役員制度で

会計参与』というのがあります

 

これは誰でもなれるのではなく

税理士さんや公認会計士さんになってもらいます

 

この『会計参与』も取締役や監査役と同じように役員なんですよ(^_^)b

 

 

実際はお願いするのに役員報酬が発生したり

備え付ける書類が増えるのでお願いする費用がかかると思います

 

そんなこともあり

中小企業庁の資料によれば導入率は6%程度らしいです

 

 

他社がやっていないということは

差別化の一つとして検討する価値はあると思います(o^^o)

 

会社の信頼度はグググググ~んとアップできるかもしれませんね♪

 

 

************************

もしこの記事を よかったわ~♪ と思ってくださったら
『いいね』をポチリっ☆していただけると嬉しいです(*^-^*)


kako-W88kFQoEpN7xUiT3

     Presented by 事務所ロゴ全体

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA